〜障がい者スポーツ指導員をたずねて〜

【トップ】【NEWS 3】【この指とまれ】【みんなの広場】 【概要】【バック az

 ※ 以前にメルマガ配信していた時の一部はこちらへ

  
〜 卓球バレーを通じて広がる世界 〜

影山 勇夫 さん

「いやぁ、いやぁ、ありがとうございます。」そう言いながら満面の笑顔で、か〜こに声をかけてくれたのは、今回の主役影山勇夫さん(越谷市在住)です。

 影山さんは2012年に障がい者スポーツ指導員の初級を、また2016年には中級を取得しました。現在は埼玉県障がい者スポーツ指導者協議会の理事、地域支援連絡会(県東南部)の代表幹事もしていらっしゃいます。

さて、指導員を取得したきっかけをお聞きするとこんなことを話してくれました。 「当時うちの会社は65歳まで働くことができたのだけれど、たまたま周りの人が体調をくずしたり、辞めたり、亡くなったりと続いたのを見て、これからは自分の人生を楽しみたいと思い60歳になったときに退職したんだよね。昔からスポーツが大好きだったので、近所の人から越谷市でスポーツ推進委員を募集しているから受けてみないかと教えてもらいすぐ応募。論文と面接にパスして推進委員になり、市民の人たちへのスポーツの普及などに携わっていたんだ。そのうち2011年にスポーツ基本法の制定があり(障がいのあるなしに関わらずスポーツを楽しむ権利がその中で保障された)、越谷市はスポーツ推進員の中から障がい者スポーツ指導員になる人を募り、そのときに手を挙げたというわけ。」越谷のスポーツ推進委員30人のうち7人が指導員になったそうです。

 20128月に指導員になった影山さんは当初交流センターで障がい者へのボランティアをしていましたが、用具の準備片付けや駐車場整理など、なかなか障がい者の事業への「参画」ができずにいたそうです。

 その年、埼玉県障がい者スポーツ指導者協議会で地域支援連絡会が立ちあがり、県の東南部(5市一町:越谷市、草加市、吉川市、八潮市、三郷市、松伏町)が発足しました。身近なところで事業があり活動できる!そう思った影山さんは持ち前の明るさとパワーで飛び込みます。早速『草加パリポリレクリエーションの集い』の実行委員会に入り、他の指導員や育成会の方々と手作りで大会を立ち上げました。この時とても楽しく、よしやるぞとモチベーションがさらにアップしたそうです。

 今は会社にいる時よりも忙しいとおっしゃる影山さんですが、現在力を入れている競技は、20133月東京立川で行われたニュースポーツEXPOで出会った卓球バレーです。現在埼玉県卓球バレー協会の審判部長であり日本卓球バレー連盟の公認審査員も務めていて、審判員の認定、フォローアップ、県内外での普及活動などを行っています。東南部での活動が多いのですが、今年5月からは県西部の東松山市でも卓球バレーの教室が始まり、県内での広がりを見せています。

「卓球バレーは、障害のある人もない人も同じテーブルで行えるスポーツ。まさにユニバーサルスポーツ、それが魅力」そう熱く語ってくれました。

 昨年10月の全スポには審判員として岩手に参加、また今年は6月に卓球バレーの本場京都の大会に参加し、岩手・京都のみならず、卓球バレーを通じ、宮城、秋田、茨城、大分・・・とトップクラスの審判員や指導者、たくさんの方々との交流を広げ、ご自身の世界を広げている影山さん、お話を聞いているか〜こにも元気があふれてきます。

 これからやりたいことが3つあるそうです。

1つは5市1町のうちまだ三郷市で障がい者スポーツの事業協力がないので、三郷の方々と協力しあって何らかの形で立ち上げたいということ。2つ目は東南部の登録者が125人いるそうですが、実際に事業に関わって出てくださる方は12割とのこと。もっとたくさんの方に参加してもらえるようにしたい。そして3つ目は、スポーツといっても競技だけでなく、例えばダンスなども入れられないか、草加パリポリレクリエーションの集いではよさこいをやるそうですが子どもたちがとっても楽しそうに一緒に踊っている姿をみると子どもたちが喜んでくれるものを取り入れていきたいと考えているそうです。

 最後に、影山さんから、障がい者スポーツ指導員を新たに取った方へのメッセージをお願いしました。「まず一歩踏み出して事業に参加してみてください。現場だからこそわかることがたくさんあります。何よりも障がいのある方々の楽しそうな姿、そしてその保護者の方々のびっくりするほど明るく元気な姿からパワーをいただけ、教わることがたくさんあります。ぜひ一度いらしてください。」

 終始笑顔で、ポジティブな影山さん!これからもがんばってくださいね。そうそう「忘れ物大魔王」というあだ名のついている影山さんは、ちょっぴりお茶目だったことも付け加えます()

                             (取材:佐伯加寿美)

 
  
〜 一緒に 寄り添い 楽しむ
 〜

岡田 良訓 さん



今回のリレートークは、仕事と地域活動、障がい者スポーツ指導員など多方面で活躍しています岡田さんです。今年度、吉川市スポーツ推進委員会会長に就任しました。 ご多忙な中、快くインタビューにご協力していただきました。





Q1.障がい者スポーツ指導者を取得した動機は何ですか?

動機は現在
22歳の息子が自閉症だった事が大きいです。息子と一緒に施設や交流センター、福祉村に通っているときに、障がい者スポーツ指導者のことを知りました。

Q2.障がい者スポーツ指導者として活動してどのくらいになりますか?

34年ぐらい前に資格があることを知り、取得しました。ちょうど、研修会の日程と開催場所が通いやすく、所沢で取得しました。

Q3.障がい者スポーツ指導者はどのような人が適していますか?      

・いろいろな競技に長けている人
 ・得意種目がある人。

 ・いろいろな種目の資格を持っている人
 ・資格を持っている学生さんや若い人は、新しい発想で街で活躍してほしいです

Q4.活動しているうえで、大事にしていることは何ですか?

障がいのある人に身近に寄り添った指導を行うことです。
 上から目線の指導ではなく、一緒に寄り添い、スポーツを楽しみたいです。

Q5.活動している上で大変なことは何ですか?              

日程、スケジュール調整が大変です。土曜日・日曜日は子どもの面倒を見ているから です。でも、そのくらいですよ(笑)。

Q6.活動している中で思い出に残っていることは何ですか?        

スポーツ推進委員としてダンス教室を開催した事です。ダンス教室のテレビ番組を見 て、ダウン症の子はリズム感が良いので、喜ぶと思ったからです。知り合いのプロの 先生に依頼したら、「障がいのある人を教えたことはないけれど、楽しそう」と企画 立案、指導に協力していただけました。ダンス教室は健常者と障がい者に分けて行い ました。自分のやりがいにもなりました。

Q7.参加して楽しかったイベントは何ですか?

開催の柿の木スイミングスクールです。息子は水 に入る事は好きですが、綺麗なフォームでは泳げませんでした。しかし、熱心に指導 してもらえて感謝しています。知識があり、教える熱意のあるコーチに感動しました

Q8.今後の抱負は何ですか?                      

吉川市で昨年12月にふれあいピックというイベントを初めて開催した。今後はもっと 健常者と障がい者が一緒にできるイベントを行いたいです。


インタビューを終えて・・・

常に笑顔の岡田さんは温かみがある方でした。また、「さすがだな」「すごいな」と 小さなことでも優しく周囲の人へ伝える、愛情あふれる方でした。

自然体で行動される姿勢が、周囲の人の心を打つので、協力者も増えているのだと思 います。息子さんを含め、多くの方と一緒に楽しみながら身体を動かしたいという、 前向きな姿勢に、応援したいと思いました。

                              (米山 あゆみ)

 
 
〜 手話・健康体操・障がい者スポーツの融合 〜

★小菅倖代 さん★

今回のリレートークは、昨年「中級障がい者スポーツ指導員養成講習会」にて手話を交えて積極的に受講されていた小菅さんにいろいろとお話しを伺いました。

手話ができるようになったきっかけは、小学生の頃のソフトボール少年団。なんと試合中のサインが手話だったそうです。ちょっとした歌や挨拶などは、この頃にはできるようになっていました。そして中学生の頃、テレビドラマ「オレンジデイズ」(病気で聴覚を失ったことにより心の扉を閉じてしまった女の子と若者の青春ドラマ)を見てますます興味を持ったそうです。そして大学生の時に手話養成講座に通い、手話奉仕員となって聴覚障がい者とのコミュニケーションを深められるようになりました。

体育系大学に進学し、そこで入ったゼミにより「障がい者スポーツ」を学ぶことが増え「障がい者スポーツ指導員」を知ったそうです。しかし、彼女が専攻していた学部学科では障がい者スポーツ指導員の資格を取得できないので、わざわざ他学科の講義も受講して初級障がい者スポーツ指導員の資格を得ました。そして、知的障がい者向けの体操指導の経験も積み、保健体育の中学校・高等学校教諭の資格をとり卒業。

その後、ドイツに渡り2年間ほど幼稚園の体操指導へ。言葉に自信はなかったのですが、勢いで乗り込み、現地で色々と学んで、日常会話は困らないくらいまでになったそうです。

日本ではできない経験をたくさん積んできた中で、学童期への対応もできるようになりたいと、帰国後には小学校教諭の資格も取得しました。

自分のことを「中途半端は嫌い、最後までやりとげたい性格」とにっこりと可愛らしい笑顔で語る小菅さん。

今回の中級へのステップアップは、手話でスポーツ指導をする際に、もっと障がい者スポーツの競技やルールなどを理解できているといいな、もう少し深く学ぼう!と申し込んだそうです。

将来的には、障がい者にも健常者にも健康体操の指導をあたりまえにできる環境が整って欲しいと願っています。今まで積んできた経験と得てきた資格をフル活用することにより「手話・体操指導・障がい者スポーツの融合」へ。新たな繋がりを楽しみつつ、障がい者スポーツ指導員の活動の幅をどんどんひろげていく勢いを小柄な体型から力強く感じました。

 (海老名千恵子)

 

〜 2017年の目標は「行くぞ、愛媛!」 〜

★羽生 登喜夫 さん★

 
「こんな遠くまで来てくれてありがとう!」そう笑顔でか〜こを迎えてくれたのは、ゴルフで有名な石川りょうくんと同じ町、埼玉県松伏町在住の羽生登喜夫さんです。 羽生さんは201610月に行われた「第16回全国障がい者スポーツ大会in岩手」においてフライングディスク競技の銅メダリストでもあります。

元バレーボールの選手であり、少年少女バレーボールの監督を現在も務めている羽生さんが病に倒れたのは19年前。病名は「重症筋無力症」、突然の発症でした。完治しない難病と聞いて自信も失くしやる気も何も無くなった日々が続いた時に、自宅でできるカイロプラクティックの勉強をしてみては、と通院していた先生に勧められました。勉強を始め、少しずつ自信も取り戻し、その後自宅で開業しました。

身体障がい者となった羽生さんは、同じ障がい者の人や、同じ立場の人にだんだん目が行くようになり、自分からその輪に入っていくようになっていきました。そして町の障がい者レクリエーション大会でボランティアとして手伝ったのをきっかけに、障がい者スポーツ指導員初級を4年前に取得しました。

お兄さんが教員として障がい者スポーツに関わってきたこともあり、この世界は意外と繋がりがあり身近に感じたそうです。

羽生さんには現在がんばっているスポーツが2つあります。1つは、「卓球バレー」。2年前に町の人から、春日部のチームのコーチをしてほしいと頼まれ、初めて卓球バレーを知り練習を始めました。現在奥様も一緒にプレーしているそうで、小学校4年生と1年生のお孫ちゃんもはまっているとか。三世代の愛好者ですね。昨年の全国障がい者スポーツ大会(和歌山)では卓球バレーはオープン競技として開催され、羽生さんの入ったチームは見事2位グループで優勝。また、審判員の資格も今年2級を取得し、現在はチームの育成や普及にも活躍しています。「審判が選手を育てる」と羽生さんは言います。レベルの高い審判がいることで選手のプレーが上達するってことですね。か〜こ、納得!

そしてもう1つが、メダルを取った「フライングディスク」。1年前にレクリエーションで出会い、卓球バレーの仲間に紹介されたそうです。始めてから1年で銅メダルだなんて、すごい!次の第17回大会in愛媛に向けて燃えています。

「メダルをもらえたことは、みんなに全国大会に行ったんだよと言える証、そして孫に自慢できるしね」、と笑いながら話してくれました。何より、自分の病気を明らかにした上での銅メダル受賞の記事が、新聞や広報紙に載ったことで、それを読んだ同じ病気の人から、「自分もがんばる!」と言ってもらえたことが一番うれしかったそうです。

今年の目標は「行くぞ、愛媛!」と語る熱い男、羽生登喜夫さん。羽生さんの後ろにはたくさんの人がいます。みんなが応援していますよ。

                            (取材:佐伯加寿美)

 


〜〜
 
みんなが主役!それぞれの個性を大切に 〜〜

★山本 正浩 さん★

国立障害者リハビリテーション病院 作業療法士(経験年数:28年)


 ?  作業療法士はどのようなお仕事ですか 

一人ひとりが身体、心、脳を使って、その人にあった日常生活活動や仕事や遊びなどの作業ができるように援助する仕事です。

 ?  作業療法士を志した動機は何ですか 

大学卒業後、埼玉で有名な家具店に就職しました。家具の搬送ではお客様の御自宅に上がることになります。その配送先で障がいをかかえて寝たきりの若者やその方に付ききりで介護するご家族がいることを知りました。今まで、障がいのある方はいないことが当たり前の環境で生活をしてきたので、その時、日本の社会では初めから健常者と障がい者を分けていることに気付きました。そして、このような人たちへ少しでも力になれればと思い資格を取りました。

 ?  障がい者スポーツ指導員を取得した動機は何ですか 

2年前、同僚から2020年のパラリンピックに向けて所沢で応援する『所沢ユニバーサルスポーツ応援団』という活動に誘われたことがきっかけです。現在は、障がい者スポーツを知ってもらうために活動をしています。その一つに『エンジョイ障がい者スポーツinところざわ』というイベントがあります。体験を通して、お互いを理解してもらう場を作っています。

 ?  障がい者スポーツ指導員はどのような人が適していますか 

・一番は興味がある人だと思います。

・アスリートを育てるのであれば、指導能力やスポーツを熟知した人だと思います。しかし、そのような人はごく一部です。多くの人が楽しめるには、従来のルールを柔軟に変更し、楽しいスポーツにできる、遊び心と発想力のある人だと思います。

 ?  スポーツ(体育)とは何だと思いますか 

日常生活ができて+αでスポーツをするのではなく、楽しく活動できるスポーツができた延長に日常生活の行動ができるでもよいと思っています。

スポーツは目標を設定しやすく、自信が持て自己実現につながりやすいものだと思います。

 ?  印象に残った一言 

    スポーツの入り口は、こんなこともできる  と思えることだと思います。     楽しいと感じること、それが次の活動に  繋がる、きっかけになります。

 ?  グッときたこと 

けがや病気で手足がうごかなくなったとき、元通りにならないと自分は何もできないという思いに支配される人が多くいます。しかし、ほとんどの場合、元通りには戻らないことが多いため、動くようになることを求めることが自分の役割だと思っていると、一生かかっても到達できません。

20代前半の男性がバイク事故で脊髄損傷のため手足が動かなくなり、うつ状態で何もできない、やろうとしない状態でした。しかし、自分と同じような状態の人がバスケットを行う姿をみて、ボールを拾い上げることから、練習をする中で、自分の役割を変革させていき、前向きに行動ができるようになりました。

みんなが主役です。どのように考え、何を追い求めるのか、患者さまが持つ役割意識の変容をテーマに日々仕事をしています。

・・・インタビューを終えて・・・

ただただ、感心、感動しました。人の個性を大切に、自分の仕事、活動にやりがいと自信を持っている、素敵な障がい者スポーツ指導員でした。          

                         取材:平成28626日 米山あゆみ